S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 10月
2018年 07月
2018年 06月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
タグ:ノンアルコール ( 5 ) タグの人気記事
サントリーのオールフリー
c0039181_14504997.jpg私がノンアルコールビールを飲み始める切っ掛けとなった商品はサントリーの「オールフリー」
夏のあいだは24本入りのケースを定期的に買って毎日飲んでいましたが、今ではまったく飲まなくなってしまいました。

同じく毎日愛飲していたサッポロの「プレミアム アルコールフリー」は今も変わらず飲んでいるので、寒くなって消費が減ったというわけではないんですね。
ようするにオールフリーの味に飽きてしまったということです。

オールフリーはクセがなくて飲みやすかったんですが、飽きやすかった要因のひとつに人工甘味料の味があると思います。
アセスルファムKという甘味料が使われていて、それでカロリーゼロ、糖質ゼロを実現できていたわけですが、低カロリーやゼロカロリーのドリンク特有の風味が苦手という人は多いかもしれません。

人工甘味料は1日に大量に摂取するのでなければ問題ないし、ビールテイスト飲料は好きだけどカロリーや糖質が気になる、という人ならオールフリーは最適だと思います。
でも私の場合は多少カロリーがあろうと糖質があろうと気にはしていないので、ちょっと飽きてしまったオールフリーは今のところ小休止。(飽きるほど飲んでいたってことですけどね)

このサントリーのオールフリー、2018年2月13日からリニューアル発売されるそうです。
パッケージも白と金と青を基調とした新デザインとなり、CMにはタレントの稲垣吾郎さんと香取慎吾さんを起用するとのこと。

すでに人気商品なのでリニューアルしても味が大きく変わることはないと思いますが、今よりも麦の風味が濃くなるのであれば、また飲み続けてみたいと思っています。
[PR]
by rukachas | 2017-12-02 23:40 | モノの話 | Comments(0)
サッポロ プレミアムアルコールフリー
c0039181_09194016.jpg
私はビールのほろ苦さと喉越しが好きなので、いつもビール味のノンアルコール飲料を愛飲している。
以前もこのブログに書いたとおり、私が最も好きなノンアルコール飲料はサッポロの「プレミアム アルコールフリー」
国産のノンアル飲料を十数種類飲んでみて、最近はドイツ産のノンアルも飲んでみたが、やっぱり一番旨いのはこれだった。

初めて飲んだ時はクセのある風味だなと思ったが、それを旨味と感じてきたらそれからは飲むたびに快感!
味は泡も含めしっかりビールしているし、麦のコクも甘みも苦味もちょうど良い!
サントリーの「オールフリー」は人工甘味料の味に若干飽きてきたが、サッポロ「プレミアム アルコールフリー」は未だ飽きることなく愛飲中。

私も若い頃はビールを飲んでいたし、今でもたまに飲むことがある。
最近ノンアルばかりだったので、今日は久々にビールを飲んでみた。

若い頃に酒の席で飲んだキリンラガーの味を思い出してみたい気もしたが、とりあえず日本のビールで最も売れているらしい「アサヒ スーパードライ」を用意して飲んでみると・・・これが、あまり旨くない。(不味いとは言わないが...)
薬品ぽい鼻にツンとくる刺激臭と、飲んだ後に口の中いっぱいに広がる甘ったるい酸っぱさ。
賞味期限が切れているわけではないので、もともとこういう味なのだろう。
若い人たちのビール離れがうんぬんという話を聞くが、もしかしたら原因はこの味にあるのではないだろうか?

c0039181_1147051.jpg
その点ノンアルの「プレミアム アルコールフリー」はとても旨い。
シッカリとした喉越しと麦のコク。変な刺激臭も飲んだ後の不快感もない。

ところがこの商品、ハッキリ言ってそんなに売れているわけではない。
例えばAmazonのノンアルコール飲料の売れ筋ランキングではサントリーの「オールフリー」が1位、アサヒの「ドライゼロ」が2位だが、サッポロの「プレミアム アルコールフリー」はなんと57位というありさま。

あまり売れていないのは味のせい?
いやいや、私は生産数が少ないからだと思う。
取り扱っている店も少なく、しかも買おうと思っているといつの間にか「売り切れました」となっていることがよくある。

サッポロビールは現在、ビールを北海道工場(北海道恵庭市) 、仙台工場(宮城県名取市)、那須工場(栃木県那須町)、千葉工場(千葉県船橋市)、静岡工場(静岡県焼津市)、九州日田工場(大分県日田市)の6箇所で製造しているが、このうち「プレミアム アルコールフリー」を製造しているのは九州日田工場のみ。

そのせいか関東在住である私の場合、近所の店で見かけることが非常に少ない。
取り扱っている通販ショップに関西の店が多いのもそのためだろう。

だから私はいつもこの商品をAmazonと楽天で購入している。
しかし不思議なことにこの「プレミアム アルコールフリー」、350ml缶と500ml缶であまり値段の差がなく、店によっては送料をプラスしても500ml缶のほうが安いという逆転現象まで起きている。
350ml缶はケース買いすると1本あたり130円ほどだが、500ml缶の場合は2ケースを買うと1本あたり110円ほどとなるのでお買い得感が強い。

私も今のところ500ml缶を2ケース(48本)ずつ月に2回ほど買っているのだが、たまに品切れで店のハシゴを余儀なくされるところが惜しい。
とはいえ、量産し過ぎて味が変わってしまっても困るし、私を含め一定数のファンがコンスタントに買い続けているこの現状がもっとも望ましいのかもしれない。

[PR]
by rukachas | 2017-10-25 22:55 | モノの話 | Comments(0)
ゴクッと一杯!
c0039181_18120025.jpg

「またその話か!」と言われそうですが、今回もビールテイストのノンアルコール飲料の話。

一番旨いのがサッポロの「プレミアムアルコールフリー」、次に旨いのがサントリーの「オールフリー」
・・・という結論に達した私は、現在この2つを月に100本ほど購入して毎日飲んでいます。

まとめ買いすると350ml缶が1缶あたり約90円、500ml缶だと約110円なので、ちまちま買うよりはまとめてドンと買ったほうが得なんですよね。
部屋の中に缶が山積みになってますが、このために缶潰し機(約2,000円)も購入して、飲んでは潰し、飲んでは潰しも楽しかったりして。(^^;)

ノンアルコール飲料の何が良いかって、アルコールが入っていないこと。(当たり前ですが)
飲んでも頭が痛くなることはないし、ボーッとして思考力が低下することもない。つまりストレスにならない。
一昔前のノンアルは僅かにアルコールが含まれていましたが、現在主流となっている「Alc. 0.00%」表記のものはアルコールが一切含まれていないので安心できます。

じゃあコーラとかジュース飲めばイイじゃん・・・ってことになると、そっちは糖分の多さが気になります。
ノンアルコールの中でもビール味のものは飽きが来ないし、程よい苦味が食事に合うしで、今のところはこれがベストですね。

今月から酒税法の一部が改正され、今後は酒類が値上げされそうな気配ですが、ノンアルコール飲料はお酒ではないので是非とも価格据え置き(または値下げ)の方向でお願いしたいものです。
[PR]
by rukachas | 2017-06-20 18:15 | モノの話 | Comments(0)
ノンアル飲料 結局コレ!
ここ半年ほどビール風味の炭酸飲料、つまりノンアルコールビールにハマってしまい、あれこれ箱買いパック買い。
気が付いたら11種類も買ってました。(^^;)

でもそれぞれ味が違うので、段々と自分の好みに合わせて買うものが限定されてきます。
最後は大体1、2種類に落ち着きますね。

私が「旨いじゃん!今後も買おう!」と思ったノンアルは次のとおり。
今回は私の好みで勝手に順位を付けてみました。
3位と4位はたまに買うくらいでイイけど、1位と2位は常備しておきたいと思わせた商品。

(`・ω・´)_□ あなたもどぞっ!


第4位【アサヒ/ドライゼロ】

c0039181_11465764.jpg

麦芽ではなく大豆ペプチドを使ったドライビール風ノンアルコール飲料。

[缶の表記]
 Asahi
 DRY ZERO
 ドライゼロ
 目指したのは、最もビールに近い味
 ノンアルコール
 カロリーゼロ/糖質ゼロ

☆ 良いところ
・ビールの味と喉越しを上手く再現している
・ドライビールが好きな人には好まれる味

★ 良くないところ
・苦みが苦手な人には向かない
・金属的な風味がある



第3位【キリン/零ICHI】

c0039181_03191781.jpg

一番搾り製法で作ったノンアル飲料。人工甘味料ではなく水飴を使用している。

[缶の表記]
 零ICHI
 ゼロイチ
 一番搾り製法
 ALC.0.00%
 ノンアルコール
側面「一番搾り製法で麦のうまみをていねいに引き出したノンアルコール飲料です。」

☆ 良いところ
・麦の旨みを引き出していてコクがある
・人工甘味料を使っていない

★ 良くないところ
・酸味が強い
・ゴクリの後に薬品ぽい風味を感じる



第2位【サントリー/オールフリー】

c0039181_17271465.jpg

カロリー、糖質、プリン体ゼロを実現。食事に合うノンアル飲料。

[缶の表記]
 SUNTORY
 ALL-FREE オールフリー
 カロリーゼロ
 糖質ゼロ
 粒選り麦芽100%
 ノンアルコール・ビールテイスト飲料

☆ 良いところ
・味にクセがなく飲みやすい
・苦みが少ないので、ビールが苦手な人も大丈夫

★ 良くないところ
・コクがなく、味が薄い
・フルーティーな風味がビールらしくない



第1位【サッポロ/プレミアム アルコールフリー】

c0039181_1147051.jpg

ザーツ産ファインアロマホップ一部使用。人工甘味料不使用。

[缶の表記]
 SAPPORO
 PREMIUM
 ALCOHOL FREE
 プレミアム アルコールフリー
 ALC.0.00%
 [ノンアルコール]
英文「ノンアルコールの楽しいひとときをお楽しみください。細かなアロマホップの穏やかな苦味と100%モルトマッシュの豊かな風味をお召し上がりください。」(日本語訳)

☆ 良いところ
・味にコクがある
・天然素材の風味があり、人工的な味をほとんど感じない

★ 良くないところ
・穀物のような風味は人によって好き嫌いが分かれそう
・他の商品と比べてカロリー、糖質、プリン体がちょっと多い


あくまでも私の好みですが、順位はこうなりました。
私はサッポロのプレミアム アルコールフリーが最も美味しく感じて、今では私の常備ドリンクとなっています。

苦みが好きな人にはアサヒのドライゼロ、酸味が好きな人にはキリンの零ICHI、飲みやすさではサントリーのオールフリー、自然な味わいが好きならサッポロのプレミアム アルコールフリーが良いんじゃないでしょうか。
(≧∀≦)プハー!

画像出典:Amazon.co.jp

[PR]
by rukachas | 2017-05-24 23:00 | モノの話 | Comments(0)
ノンアルコールビールの飲み比べ
c0039181_11504323.jpg

最近ノンアルコールビールにハマってしまい、毎日2本ずつ飲んでいます。

ビールや発泡酒の消費が落ち込む中、年々出荷量が増えているのがビールテイスト飲料。
酒ではないので車を運転する方でも飲めるし、肝臓への負担も少ない。
極端な話、子供が安全にビールの味を知ることさえできます。(モラル的には子供に与えちゃダメですよ。メーカーは成人の飲用を想定して作っています)

じつは私はアルコールにあまり耐性がなく、若い頃から酒の席ではコップ半分のビールですぐに真っ赤になり、そしてやがて真っ青になるという経験ばかりしていました。
いわゆる下戸ってやつですね。

アルコールの何が困るかって、とにかく飲むと頭がボ〜ッとして正常な思考ができなくなることが一番困る。
多くの人は酔いがストレス解消になるんでしょうが、私はかえってそれがストレス。

しかも40歳を過ぎたあたりから、ビールを飲むとなぜかしばらく咳が止まらなくなるという症状が出始めました。
おそらくアレルギー的なものだと思いますが、私の体はアルコールを毒物だと思って外に出そうとしているんでしょうね。

でも私はビールの味そのものは嫌いではなく、むしろ風呂上がりや食事のときにはグイグイ飲みたくなります。
となれば、そんな私に最適なのはノンアルコールビール。

最近のノンアルコールビールは出始めの頃よりもずっと美味しくなったらしいので、いくつかの銘柄を数本ずつ買って飲み比べてみました。

あくまでも普段あまりビールを飲まない私の個人的な感想であり、ビール好きな人の意見とは違っていると思いますが、まぁ参考程度に。


【サントリー/オールフリー】

c0039181_17271465.jpg

原材料名 :麦芽、ホップ、香料、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC)、苦味料、甘味料(アセスルファムK)
エネルギー:0kcal
食物繊維 :0〜0.1g
ナトリウム:0〜7mg
プリン体 :0(0.5mg未満)
(100mlあたり)

今回飲み比べた中では、私は一番飲みやすかった。
コクがあるわけではないけれど、かといってクセもなく、毎日飲んでも飽きのこない味だと思います。
ちょっとスッキリし過ぎの感もありますが、たいていの食事には合いそうで、女性に人気というのもうなずけます。
とりあえず無難な味ですが、ビール好きの方には物足りなく感じるかもしれません。



【サントリー/オールフリー ライムショット】

c0039181_11465131.jpg

原材料名 :麦芽、ホップ、香料、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC)、苦味料、甘味料(アセスルファムK)
エネルギー:0kcal
食物繊維 :0〜0.1g
ナトリウム:0〜7mg
プリン体 :0(0.5mg未満)
(100mlあたり)

上のオールフリーにライムの味付けをしたタイプ。
原材料名にライムが入っていないので香料で付けた味ですね。つまり無果汁。
最初はビールとライムの味の組み合わせに戸惑いましたが、甘くない炭酸飲料と思って飲むなら悪くはなさそう。
でもやっぱり食事には合わない味かなぁ。



【アサヒ/ドライゼロ】

c0039181_11465764.jpg

原材料名 :食物繊維、大豆ペプチド、ホップ、香料、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK)
エネルギー:0kcal
食物繊維 :0.4〜0.2g
ナトリウム:0〜10mg
プリン体 :0〜1.0mg
(100mlあたり)

今回飲んだ中では最もビールの味に近かった。
麦芽ではなく大豆ペプチドを使っていますが、喉越しも良くて、自社のビールをよく模しているなと思いました。
ただ私の場合、飲んでから数時間経っても口の中に苦いような渋いような感覚が残っていました。
普段アサヒのビールを飲んでいる人が、運転などで飲めない時に飲むのには良いんじゃないでしょうか。



【サッポロ/プレミアムアルコールフリー】

c0039181_1147051.jpg

原材料名 :麦芽、ホップ、酵母、酸味料、香料
エネルギー:12kcal
タンパク質:0〜0.3g
糖質   :3.0g
食物繊維 :0〜0.1g
ナトリウム:0mg
プリン体 :4.0mg
(100mlあたり)

ひと口飲んだ瞬間「なんだこの米ぬかみたいな味は!」って思ったんですが、他の方は穀物っぽい味とかカラメルっぽい味と言ってますね。
旨味ではありますが、ちょっとクセのある味で、好みが分かれそうな気がします。
他と違い人工甘味料を使っていないので、甘さにも自然な風味があります。
でもそのためか糖質とプリン体が他社より若干多め。(気にするほどではないです)



【キリン/パーフェクトフリー】

c0039181_1147349.jpg

原材料名 :難消化性デキストリン(食物繊維)、大豆タンパク、ぶどう糖果糖液糖、ホップ、米発酵エキス/炭酸、酸味料、カラメル色素、甘味料(アセスルファムK)
エネルギー:0kcal
タンパク質:0〜0.7g
炭水化物 :5.6g
食物繊維 :5.6g
プリン体 :0(100mlあたり0.5mg未満)
(製品1本/350mlあたり)

私は今回の飲み比べをする前は、これが最も実際のビールの味に近いだろうと予想していました。
ところがまったく違って、ビール味というよりは苦味と酸味のある炭酸水といった感じ。
すごく人工的な味に感じて、ハッキリ言って私の口には合いませんでした。
食物繊維が350mlあたり5.6gも入っていて「摂取目安量 1日1回1本」と表示していることからも、ビール好きよりもむしろ健康志向の人向けですね。

画像出典:Amazon.co.jp


ノンアルコールビールには否定的な意見もあって、よく目にするのが「人工甘味料を使っているから良くない」というもの。(使っていない商品もあります)

たしかに人工甘味料は健康にプラスになるものではないし、摂り過ぎは健康悪化のリスクを高めるとは思いますが、私は通常のたしなみ程度ならなんら問題はないと思うんですけどね。

ノンアルコールビールに使われている人工甘味料は「アセスルファムK」というもので、日本では2000年に食品添加物に指定され、以降多くの清涼飲料水や菓子等に使われています。
発がん性や毒性が認められず現時点で安全性が確認されているものですが、体に良くないと書かれている記事が意外と多い。

しかし「良くない」「悪影響」という文字はよく見かけるのに、具体的に「誰が、どれくらいの量を摂取し、それが原因でこうなってしまった」という報告がほとんどありません。

ちょうど「エロ本は青少年に悪影響だ!」と言われながらも、実際にエロ本を見たために変になった青少年がどれだけいるんだ?という疑問と同じく、心配して避け続けるべきものなのか?ということですね。

とはいえ、どんなものでも度を越えれば毒になりますから、嗜好品は適度な摂取に留めましょう。
[PR]
by rukachas | 2017-03-08 22:44 | モノの話 | Comments(0)