子供大好きRUKAの雑記帳
by RUKA
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
以前の記事
2018年 06月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
タグ:子育て ( 48 ) タグの人気記事
子供を知ろう!
泣く子5月16日付けの読売新聞朝刊に「手をあげなくても伝わる」と題した、子育てに関するコラムが載っていた。その一部を引用します。

---------------- ここから引用 ----------------
子どもをたたいたことのある親が多いことは、各種の調査からもうかがえます。(中略)育児相談などを行う社会福祉法人「日本家庭福祉会」理事長の波多野ミキさんは「子どもはたたかなくても、しつけられます。」(中略)たたけば、その時点ではやめるかもしれません。でもその後は口でしかっても言うことを聞かず、もっと強くたたくという悪循環に陥ることにもなりかねません。
---------------- ここまで引用 ----------------

これは私がずっとネットでも実社会でも、口が酸っぱくなるほど言ってきたことと同じだ。軍隊式子育ては百害あって一利無しということ。
私が言うと「しょせん子育てをしていない人の言うことだ」と、意に介さない人もいるかもしれないが、同じことを育児の専門家も言っているのだから、これは正しい教えなのだと認識してほしいものだ。

たしかに私のように子供のいない者は、子育ての体験から得られるノウハウを知る由もない。その点では、私は全国のパパさんママさんにかなわないと思っているし、いつも一目置いているつもりだ。
だがここが重要なのだが、子供を育てている方が詳しいのは「子育て」についてであって「子供」についてではない。子供についての知識は、未婚既婚、子がいるいないは関係ない。

私は以前、掲示板であるママさんから「独身なのに子供のこと、育児のこと、いろいろ知ってて、毎日育児をしている母親にとってみたら不思議な感じがします」と言われた事がある。だがこれは全然奇妙なことではない。
ほとんどの親にとっての子育てとは、子育てを「する」立場、つまり親として如何なる子育てが理想か、という考えのもとに成り立っている。しかし私の子育てに関する知識の大部分は、子育てを「される」立場、つまり子供にとってどのように子育てされるのが理想か、ということを前提として成り立っている。
これは立場の違いだが、子供を一個の人間として立派に育て上げることを目的とするなら、私のように子育てを子供の立場から考えていくことが、ほとんどの親に必要であろう。

「育児は育自」とも言うように、子育ての知識は体験がものを言う。だが、人の心を理解しない子供や若者が目立つ現状を考えると、子供そのものについて勉強不足である親は、意外と多いのかもしれない。
親になり子供を育てていると、それだけで自分は正しい子育てをしているのだと錯覚してしまう人が多いが、多種多様な人と接し、多方面から意見を聞かなければ、子育ての本質など見えてこない。少なくとも、普段大人の立場でばかり子育てをしている親は、視点を変えてみる必要があるだろう。

子供の立場からものを見る。子供の立場を尊重する、これは決して甘やかすということでも、大人と同じに扱うということでもない。子供の自主性を伸ばすということだ。そして人間的に立派な大人を作り上げるということだ。
怒りに任せて子供を叩いてしまったとき、目の前にある鏡で自分の姿を見てみよう。きっとそこに親の姿はない。
[PR]
by rukachas | 2005-05-17 01:49 | 子供の話 | Comments(0)
軍隊式子育ては是か非か
怒り子供は甘やかして育ててはいけない。そのとおりだ。決めごとを作ってルールを守らせる。それも正しい。そんなことぐらい私もわかっている。問題はそのルールが子供のためになっているのか?ということだ。
そこで全国のお母さん方にお訊きしたい。

子供に厳しい親が、その厳しさを親戚の者にまで強要する、つまり情けをかけさせないのは正しいことなのか?
店に行ったときに買うお菓子は1個だと良くて2個だとダメなものなのか?(量に関係なく)
幼児が品のないセリフを言うことは許されないことなのか?
幼児が人前でふざけた(はしゃいだ)行動をとることは許されないことなのか?
外を散歩しているときに子供が歩きながら歌うのはおかしな行為なのか?
人前ではしゃぎ、踊って、おどけて、おバカな真似をする子は、頭のおかしな子なのか?
子供が一度口にしたことは、絶対に守らせないといけないものなのか?(子供は心情がコロコロ変わるものなのに)
幼児が事を上手くできなくてカンシャクを起こしているとき、なだめるのではなく、怒鳴りつけるべきなのか?
子供が5,6歳になり反抗気(反抗期ではなく反抗気。反抗心ほどかたくななものではない)が起きた場合、母親はその子を忌み嫌うものなのか?

あるママさんはこんな勘違いをしていた。いつも家にいるときは親の言うことをきいている子が、実家へ来ると言うことをきかなくなるのは、そこで甘やかされるからだと。
だが実際の原因はそうではない。その子の行動は、普段の軍隊式生活からここに逃れてきたことを意味する。すなわち外で言うことをきかなくなる理由は、普段の親の厳しさにあるのだ。
さらにその人は、親の言うことをハイ!ときいて大人しくしているのが普通の子で、ふざけたりダダをこねたりする子はおかしな子だと思っているようだ。(実際にはまったく逆で、後者がごく普通)

このような母親の勘違いから、正常なのに嫌われる子や、心を閉ざしているのに良い子だと思われる子が生まれるのである。
さらに言うと、これら子供特有の理不尽さや融通の利かなさ、スムースに事が運ばないもどかしさの中で子育てをこなしていくのが、ごく普通の母親の姿だ。

幼児になって自分の意見を言い出すのは当たり前のこと。親に反発してもむしろ心の成長と捉えるべきだ。悪い行動ならば、叱りつけて直せばよい。世間一般に悪いことではないならば、その自主性を尊重するがよい。
子育ては誉めるも叱るも愛情であるということを忘れずに。
[PR]
by rukachas | 2005-05-04 06:08 | 子供の話 | Comments(0)
やさしいおかあさんがほしい
涙子供への愛情について考えさせられた。
この世の中には、子供を虐待する母親がいる。手をあげなければ、つまり肉体的な傷を負わせなければ虐待ではない、と思っている母親もいる。
下の子ばかりを可愛い可愛いと抱きしめ、上の子にはおまえは失敗作だとののしる行為は、母親にあるまじき虐待行為だ。しかも下の子の可愛がりようを当てつけるかのようにわざと見せつけ、上の子の悲しみを誘うなど陰湿なイジメ。これを虐待と言わずして何と言おう。

子供は優しい母親を望んでいる。母親の愛情に包まれたいといつも思っている。「この子は変だ!」「産みたくて産んだんじゃない!」他人のどんな人に言われる悪口よりも、母親のそれは何倍も辛く悲しいものだ。しかも言われるのが5、6歳の幼児となれば、その受ける悲しみは想像を絶する。まさに精神的な虐待だ。

私は、子供に悲しみを与える親の存在が許せない。子供を幸せにする気がない人は子供を作る資格なし。ましてや子供によって差別する人は人間として最低である。
母親が下の子を可愛がっている姿を、涙を流しながらうらめしそうに見ている上の子。「おかあさん、ボクも可愛がってよ、ボクを好きになってよ...」そう目で訴えている子に対し、心の痛みを感じないのか? 2人の子をどちらも幸せにしてやろうという気がないのか? なぜ5、6歳の幼児の「ごく普通の」ワガママやミスを許さず、大人なみの厳しさを要求するのか? なぜ子供の当たり前の行動を、当たり前として見てやれないのか?

「子供を育てたことのないアンタには分からない事だよ」と言い張る人もいるだろう。だがそれは子供に愛情を与えない理由にはならない。ましてや子供にイジメまがいの態度を示したり、脅し口調で恐怖を与える理由にもならない。
いくら子育てが大変だとはいっても、それが我が子への憎しみや恨みに発展する母親は大いに問題あり。それにたとえ何人の子を育てようと、子供とはどういうものなのかさえ分かっていないのなら、私よりも知識が少ないと言わざるを得ない。

大人は、子供が本来持っている大らかさと天真爛漫さを押さえ込んではいけない。しつけとは、子供が子供らしい日々を送る中で学んでいくもの。恐怖と威圧で押さえ込むものではない。
だが恐怖で子供に言うことをきかせている母親ほど、それをしつけだと思い込んでいる。そしてそんな母親ほど、子供の精神への悪影響よりも、そのとき自分がいかに困らないかを優先するのだ。「この子が将来困らないために」という表向きの理由をあげてはいても、子供を精神的に押さえ込んでいてはまともに育つかどうかも疑問だ。いつか痛いしっぺ返しをくうことにもなりかねない。

そしてもうひとつ言いたいこと。子供が親戚や知り合いの家に行ったときに限ってワガママになるのは、その時に甘やかしたからではない。普段の生活で親がその子の精神と行動を抑圧しているからだ。
某国で独裁者によって、恐怖と抑圧の日々を送っている人々がいることを思いだしてほしい。もしその人が民主的な他国に逃れたとしたら、きっと今まで不自由だった分、タガが外れてしまうこともあるだろう。それと同じ。

世の中のルールを教え込むのは大切だ。しつけるために叱ることも大切だ。だがその子が自主的に考え行動する、悪事ではないことさえ押さえ込んでしまうと、結局は親の前だけで良い子ぶるような子になってしまう。
大切なのは、相手の気持ちになって考えることを身に付けさせること。相手の気持ちが理解できたために相手の言うことをきく、これが理想だ。
ところが幼児期に恐怖と威圧感で言うことをきかせていると、相手の気持ちを理解する能力が育っていかない。つまりは自分勝手な人間ができあがるというわけだ。

私は子供の頃、他人の家で言うことをきかなくなったりワガママになったことが少ない。これは私の母親がいつも優しさで育てていたからだ。だがこれは断じて甘やかしではない。悪いことをしたときは、その優しさの中で叱ってくれたものだ。
母親は子供に好かれていれば、その子をどのような子にもできる。子供も母親に好かれようとするからだ。

悪いことをしたら愛情をもって叱ればよい。そして抱きしめてあげればよい。親のほうから、子供の身になって考えるようになればよい。
キッとにらみつける母親の表情や、脅迫するような脅し文句の中では、たとえ言うことをきく子にはなっても良い子にはなれない。親と子の笑顔のコミュニケーションによってのみ、良い子は作られるのだから。
[PR]
by rukachas | 2005-05-02 06:12 | 子供の話 | Comments(0)
体は現実、心はフィクション
その先に見えるもの先日、鹿児島市内の防空壕跡で、探検ゴッコをしていた中学生4人がCO中毒で死亡するという痛ましい事故があった。通気性の悪いこんな場所で焚火をすれば危険であることぐらい小学生でも分かるはずだが、彼らにその認識は無かったのだろうか?
いや、危険だと分かっていたはずだ。危険であるからこその「探検ゴッコ」なのだから。

では彼らに足りなかったものは何なのか?それは「先を見越す力」だ。彼らに限らず、現代の子供たちはこの力が極めて希薄であると思われる。自分の行動によって結果的にどうなるのかを予測した時、正確な答えを導き出すことができないのだ。亡くなった4人の中学生も、危険であることは分かっていながら、具体的にどのような事が起こるのかが分からなかったのだ。

現代の子供たちが正しく先を見越せないのは、単なる経験不足だけではなく、幼少期から思春期にかけて触れる、ある情報に原因があるのではないかと私は思っている。
それは「占い」「超能力」「宗教」「霊」など、不思議現象的な話題だ。それらをフィクションとして理解している者ならば映画のように楽しむこともできるだろう。だがそれを子供たちに、さも真実であるかのように伝えてしまうと、子供たちは現実社会での法則性や物事の連鎖が正しく認識できなくなってしまう。つまり現実で起きる現象に、心情を重ねてしまうのだ。

猥褻な牧師が逮捕された事件があったが、信者は「地獄に堕ちる」と言われた時点で、この牧師が真実を語っていないと気付くべきだし、その点では最近テレビによく出る占いオバさんの「しかし地獄行く」という発言も、思想的には同じだと言えるだろう。
占いは予言であるかのように思いがちだが、昔から「当たるも八卦、当たらぬも八卦」というとおり、結局はその発言が当たるか当たらないかなのだ。信じるか信じないかではない。あくまでも発言した後にそれが実際に起こるか起こらないかだ。だから情報が多ければ、それだけ自信を持って発言できるわけだ。
また、写真が何故写るのかさえも知らない人が、写真を見ただけでやれ自縛霊だとか怨念がどうとか語っているテレビ番組もあるが、子供たちには「なりきりショー」か「私はこう思い込んでますショー」だと説明したうえで見せないと、とんだ勘違いをさせてしまう。

何がフィクションで何が真実であるか、親と子でジックリと話し合ってみるべきだろう。だが時に大人は、子供への情報をシャットアウトすることがある。子供にとって有益な情報を大人が勝手に有害情報と思い込み、知ることさえも規制することがある。この世の真実の姿を知らぬまま、思春期に真実のふりをしたフィクションに出会う子供たち。

未成年者の自殺が相次いだ時期があった。小中学生が殺人を犯したこともあった。これもある種、フィクションを真実だと思ってしまったことが、根底にあるのではないだろうか?
自分の行動の先に何があるのか?・・・子供たちに先を見越す力を付けさせるためには、フィクションはフィクションとして伝えなければならない。メディアの責任は大きい。
[PR]
by rukachas | 2005-04-13 23:59 | 子供の話 | Comments(0)
子供で我が家も活性化
甥っ子くん今、学校は春休み。私の甥や姪たちも泊まり掛けでこぞって遊びに来ていた。
私も子供の頃、親の実家へ行って親戚の子らとはしゃぎ回って遊んだものだが、子供たちのドタバタを見ていると、あの頃の私の叔父さん叔母さんたちの目にはこう映っていたんだなと、いつの間にか立場が変わったことにも軽いノスタルジーを感じる。

唯一あの頃と今で違う点は、亡くなった私のおじいさんは、ドタバタ騒ぐ孫たちをあまり怒らなかったことだ。たしかに子供というのは、1人と2人では騒がしさは2倍ではない。1人増えただけで数十倍にもなりうる。だが人が寝ているのでなければ、子供たちには家の中でも思いっきりはしゃがせてやりたいものだ。

私もここ1週間以上、夜は甥っ子が寝るまで相手をしてあげている。お話をしたり、何かを作ったり、組んず解れつはしゃいだり・・・。そのためこの4日間はブログを書くヒマがなかった。今日からまた、不定期ではあるが何かしら書いていこうと思っている。
ほとんどの子は昨日帰っていったが、先週からずっと泊まっている5歳の甥っ子は明後日に帰る予定だ。そして私はまたいつものように、子供のいない日々を過ごし始める。

大人が一喜一憂できるのは子供がいるからこそ。年寄りと中年だけではカビも生えやすくなるというものだ。こうして子供たちが好んで来てくれるのも、ひとつの果報だと考えるべきだろう。5月のゴールデンウィークになればまたドヤドヤとやってくるので、その時を楽しみにしている。
だが私のように子供好きな人ばかりではない。妹に託児所のように思われては困る。ゴールデンウィークはぜひとも家族みんなで来るようにと、妹に言っておこう。
[PR]
by rukachas | 2005-04-04 23:38 | 子供の話 | Comments(0)
長男と末っ子
独り遊び金曜の夜から甥っ子5号くん(5歳)がうちにお泊まりしていたんですが、残念なことに土曜日はかなり強い風が吹き荒れており、一日中家の中で過ごしていました。同年代の子がいるわけでもなく、オモチャがあるわけでもない。小さな子供は他人の家ではさぞや退屈でしょうね。

ところが5号くんは極めて建設的な子。自分から「何か楽しいことをしよう!」という気を起こす子で、私やオフクロが忙しくて遊んであげられないときでも、そこにあるものを使って自分で何かしら独り遊びをしています(大人が目を離しているわけじゃないですよ)。退屈だからといって人に依存ばかりはしていない子。
幼い頃の私がそうでした。今でもオフクロがよく言うのは、ひとりで遊んでいる私に「つまんない?」と訊くと「つまる~」と言ってもくもくと何かをしている子だったそうです。
私も5号くんも妹がいる長男。たしかスポーツチームの監督には長男が多いという話を聞いたことがありますが、自分から物事を統率したり、あれやこれやと試行錯誤する人は、長男長女に多いのかもしれません。

5号くんは、今日の昼にパパが迎えにきて、東京へと帰っていきました。しかしバトンタッチをするかのように、今夜もうひとりの妹が甥っ子4号くん(8歳)を連れてきました。明日どうしても用事があるため、オフクロたちにみていてほしいとのことで・・・。

4号くんは、退屈さへの反応に関しては5号くんとはまるで正反対。いつも人が遊んでくれるのを待っている子で「つまんないよ~」と言って泣いてしまうことさえありました。つまりは独り遊びができない。
4号くんは4人兄弟の末っ子ですが、私の末の妹も幼い頃はそんな子でした。物心ついたときから兄や姉がいて、遊びも上から提供されることが多い中で育ってきたため、ひとりになったときにどう遊んで良いのか分からなくなってしまうのでしょう。まさに末っ子らしさですね。
もちろん長男だから末っ子だからといって、必ずしもこうだとは限りませんが。

4号くんは先ほど私とお風呂に入って、ガンダムのオモチャで大はしゃぎ。10時半頃ふとんに入り、しりとり遊びをしているうちに眠ってしまいました。(^-^)
どちらの子も私と遊ぶのを楽しみにしているので、来たときは極力時間を作ってあげるようにしています。個々の性格の違いがよく分かるし、子供と遊ぶのって色んな意味で面白いですね。(〃゚▽゚〃)
[PR]
by rukachas | 2005-02-27 23:54 | 子供の話 | Comments(0)
幼から老までスキルアップ
オフクロのiMac私がオフクロにパソコン(Mac)をプレゼントしたのは6年前。ボケ~とならないよう頭と指先の運動のため、そして新しい娯楽に触れてほしいとの思いで・・・。

最初の数年間は日記や住所録など、家族の記録付けとして使っていたオフクロだが、ソフトの操作も初めからスムースにできたわけではない。MacなのでWindowsよりは憶えやすかったと思うが、それでも最初の頃は「ウインドウのクローズボックスをクリックしてウインドウを閉じる」というこの単純な作業でさえ10数秒もかかっていたほどだ。
ナメクジのごとくゆっくりと動くマウス。次の動作に移るまでの数秒から数十秒間もの人体フリーズ。教えても教えても返ってくる同じ質問。1時間付き添って、憶えてくれることはたったひとつ・・・。シニアを対象としたパソコン教室があるが、私もそんな講師の苦労が身にしみて分かった時期だった。

だがそんな苦労もどこへやら。今ではキータイピングもマウス操作もとても上達し、ここ数年は私がそばに付いて教える必要もほとんどなくなった。
とくにマシンをiMacに変更し、ネットをブロードバンド化してからはそれまで以上によく使うようになり、今では日記だけでなく日常の調べものから読み物などの娯楽、気に入ったウェブページの印刷までもこなし、確実にこの緑のiMacを実用品として役立てている。オフクロ自ら「今このパソコンがなくなったら困る」と言っているほどだ。

私としては、オフクロのMacは孫たちのものでもあるという前提で考えていた。つまり「オバアチャンと孫たちのパソコン」という認識でいたわけだ。だからエデュテイメントソフトもゲームソフトも入れてきたし、孫たち専用のフォルダも作った。
どの孫もみなうちへ来ると、このMacでお絵書きソフトや学習ソフトを楽しんできた。5番目の孫にいたっては「らすたぁちゃんとあそぼ」というエデュテイメントソフトによって、3歳までにひらがなカタカナアルファベット数字がすべて読み書きできるようになったほどだ。他にも動物や植物の名前など、ここから吸収したことは結構多い。

このようにずっと幼児教育にも使ってきたわけだが、もう孫たちも大きくなったし、その役割は一応終わったと見るべきだろう。オフクロもあれこれ自分で使えるようになり「私のパソコン」という愛着が出てきたようだし、そろそろ「オバアチャンと孫たち仕様」から「オフクロ専用仕様」に戻そうかと思っている。
とは言っても、子供用のソフトを全削除するのはマズイだろうから、勉強や情操教育になりそうなソフトと、ちょっとしたゲームソフトは残すつもりだ。ネットがあれば不自由はしないだろうからね。

孫たちもオフクロも、幼も老も、このiMacのおかげでスキルアップしてきた。明日はこいつに感謝を込め、1年ぶりのメンテナンス&カスタマイズだ。
まだしばらくは長生きしてもらいたいから(iMacがだよ)、念入りに労をねぎらうことにしよう。
[PR]
by rukachas | 2005-02-15 23:35 | Mac&Winの話 | Comments(0)
我が子だったら手も出す口も出す
オニ連休中の3日間、甥と姪が泊まりにきていた。
節分はとっくに過ぎてしまったが、私もたまには鬼の顔で苦言を呈す。

世の中にはこんな子がいる・・・。
自分のモノは大切にするのに、他人のモノは気にも留めない子。
モノの扱いが粗雑で、力を加えることや汚すことに躊躇がない子。
思考範囲が距離的にも時間的にも狭く、現時点の自分しか認識できない子。
他人の心情を推し量らず、自分を客観視できない子。
理解できない事柄に関して、運任せや神懸かり的な思考をする子。
自分に対する要求が、すべて要求する人のワガママだと思う子。
自分に対する規制が、すべて規制する人のイジワルだと思う子。
やる、やらないを損得で決め、他人の得は自分の損と考える子。
自分自身の欲求に対しても、他人への依存心で対処しようとする子。
自分の欲求を他人が迷惑と感じる場合、その他人を異端視する子。
欲求と抑制のバランスがとれず、それがストレスになる子。
不都合、不具合を他人のせいにし、自分を被害者として哀れむ子。
他人のことは気になるのに、他人がどう思うかは気にしない子。

この中のいくつかは私の甥っ子にも当てはまる。これは子育ての問題。
そして私の親父にも当てはまる。これは人間性の問題。
その差62歳。ジイチャンと孫で似た者同士とは...。(*ー"ー)

あなたのまわりではどうかな?
[PR]
by rukachas | 2005-02-13 22:58 | 子供の話 | Comments(0)