人気ブログランキング |
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
タグ
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 10月
2018年 07月
2018年 06月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
タグ:文章 ( 21 ) タグの人気記事
ジュンで~す、長作だ、三波春夫であ~る
思いを綴るあなたは何か記事を書いて公表しようと思ったとき、文体をどのようにしようか迷ったことはないだろうか?
口語体でしかも普段のおしゃべりどおりの言葉で書くのが一番気楽だろうが、友人同士の交換日記ではないのだから、公的な読み物としてはちょっと頂けない。やはり文語体で書くべきだろう。

だが一口に文語体と言っても、これにも「です・ます調」と「だ・である調」がある。「...ということです」「...と思います」と書くのと「...ということだ」「...と思うのである」と書く、この違いだ。
数多くのブログも「です・ます調」で書いているものと「だ・である調」で書いているものとに分けられる。中にはこれに当てはまらないものもあるが、大まかに分けるとこの2つだ。それぞれ書き手の個性と関連があるかどうかはわからない。その作者が意図して文体を決定したなら尚更だ。私の場合 L.O.S. の中でもこのブログだけは「だ・である調」で書くことが多い。これも意図してのことだが。

「◯◯です」「◯◯ます」なんて良い子ぶってるみたいで堅っ苦しいよ、と思う人もいるだろうし、逆に「◯◯だ」「◯◯なのである」のほうが堅っ苦しいじゃん!と思う人もいるだろう。たとえば・・・

★「今日は休日なので買い物に出かけました。駅前まで行くと見慣れない看板。なんと、新しい牛丼屋がオープンしていたんです。でもすぐに潰れると思います」
★「今日は休日なので買い物に出かけた。駅前まで行くと見慣れない看板。なんと、新しい牛丼屋がオープンしていたのである。だがすぐに潰れるだろう」

この2つの文章を見て、あなたはどちらの書き手に好意を感じるだろうか?私はハッキリ言ってこの短い文章では分からない。「です・ます調」と「だ・である調」のどちらが良いかは、書き手によって決まると言うよりは、その時々での文章の内容、そしてどんな雰囲気でその内容を伝えたいのかによると思う。そのため私のサイトでは、今までコーナーによって使い分けてきた。

子供について真剣に議論するべき内容をコラムとして綴ってきた「独り言」のコーナーは、「だ・である調」では威圧的過ぎるし、堅苦しくもなり過ぎる。また内容が内容だけに個人的な考えを断言だと思われては困るので、基本的に「です・ます調」で書いてきた。(掲示板など、人との会話で「◯◯です」と言っているのは単に敬語だからであり、この理由とは違うよ)
そして雑誌感覚というか、ざっくばらんな文章の場合は逆に「です・ます調」のほうがお堅く感じるから不思議だ。そのため、思い付くままに気楽な文章を書いてきた「雑記ノート」のコーナーは、初めから「だ・である調」で書いている。「独り言」のような問題意識の喚起もなく、議論する内容でもなく、ただ単に日々の意識の記録として残すには「だ・である調」のほうが気分的にシックリきたからだ。(なんかアバウトだなぁ、他に言い方が見つからないけど)

先月から「雑記ノート」のコーナーをこのブログにしたのだが、結局「独り言」のコーナーと統合することにした。雑記は「だ・である調」、子供に関するコラムは「です・ます調」と決めつけているわけではないが、おそらく今後も気分的にはそうなっていくだろう。
内容によって文体がコロコロ変わっては、読むほうからすればブログのカラーが掴みにくいかもしれないが、そのへんはご了承願いたい。m(_ _)m
by rukachas | 2005-02-18 23:58 | 言葉の話 | Comments(0)